ウイルス新警戒システムへの移行、ワクチンパス導入について

在学生ならびに保護者の皆様へ

下記につきまして、メール配信「アオテア・フラッシュ」でもお知らせしております。

必ずご確認ください。

●新警戒システムへの移行
11月29日(月)、NZ政府は新型コロナウイルスに対する新警戒システム「COVID-19 Protection Framework」(通称:信号システム)を予定通り12月2日(木)23:59よりNZ全土に導入することを発表しました。
これにより従来のレベル1~4のシステムから、「緑・橙(オレンジ)・赤」の3レベルからなるシステムへ移行することとなります。
新システム下では従来のシステムよりも柔軟な対応が可能になり、ワクチン接種済みであることを条件により自由な行動が可能となります。
また企業、小売店、公共施設はワクチン接種者に対してはレベルを問わず営業可能となります。

<新システム下でのレベル> ※12月2日(木)23:59より適用
赤:オークランド地区およびタウポ・ロトルアを含む北島の一部地域
橙:パーマストンノースを含む北島のその他地域および南島全域
緑:該当地域なし

橙の環境下では、これまでと同様に行動追跡専用アプリでのQRコードスキャンが必要となるほか、屋内でのマスク着用が推奨されます。
教育機関においてはソーシャルディスタンス確保などの感染対策を前提に対面による授業が可能であり、新システムへの移行後も本学での教育活動に大きな影響はございません。

各レベルにおけるルール等、詳細につきましては下記サイト(日本語版)をご参照ください。
https://covid19.govt.nz/translations/japanese/the-covid-19-protection-framework/

 

●ワクチンパス導入
11月17日以降、NZではワクチンパス(My Vaccine Pass)が導入されました。
新警戒システムへの移行後、ワクチン接種証明書として提示を求められるケースが予想されるため、本学より全学生に対し申請方法の案内を行っております。
2回のワクチン接種が完了している学生においては、本学担当者からのメールを確認のうえ速やかに申請を行うことを推奨致します。
なお2回接種を完了していない学生には、大学ミニバスでの接種会場への送迎などのサポートを実施し、全接種希望者が早期に2回接種完了できるよう案内を継続しております。

 

●日本事務局へのワクチン接種証明書提出
先日ご案内した日本滞在中の学生(休学中の学生を含む)を対象としたワクチン接種証明書提出へのご協力誠にありがとうございます。
提出は郵送、メールで受け付けておりますが、提出の際には以下の点をご留意くださいますようお願い申し上げます。

【郵送】コピーを1部お送りください(証明書原本は各自で保管)
<宛先> 国際大学IPU New Zealand 日本事務局
〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通4丁目1番5号 アンビシャスビル

【メール】スキャンしたデータをメールに添付する形でお送りください(写真不可)
<宛先> infoj@ipu.ac.nz

なお証明書取得済みで未提出となっている方、また今後取得予定の方はお手数ですがご対応よろしくお願い申し上げます。
また持病等によりワクチン接種を受けられない方は日本事務局(078-262-0851)までご連絡ください。

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜
_