沿革 | 国際大学 IPU ニュージーランド

沿革

ニュージーランド政府の教育改革の一環として
設立が承認された国際大学IPU New Zealand

国際大学IPU New Zealand(旧IPCインターナショナル・パシフィック大学)は1990年に設立されました。
ニュージーランドと日本の、教育史上他に例のない共同プロジェクトとしてスタートしたIPU New Zealandは、今日、英語圏の学生、そして、英語を母語としない留学生を「成功に導く大学」へと成長し、世界20ヵ国以上からの留学生と教授陣が集まり、ビジネスの専門知識や語学・教養を学んでいます。

Our tertiary institute was conceptualised in 1987, when Hiroshi Ohashi, the Chairman of the Board of Trustees – then and today, with other experts in the educational field across the Pacific-Rim nations assembled and discussed ‘an ideal model for an innovative approach to tertiary education in the 21st century’.

私たちの高等教育機関は、当時および現在の理事長である大橋博と環太平洋諸国の教育分野専門家が集い「21世紀における高等教育への革新的なアプローチのための理想的なモデル」を議論の上で1987年に構想されました。この構想は、後の「環太平洋大学構想」というプロジェクトへと発展しました。

Dr Kay Andersen, former Executive Director of WASC (Western Association of Schools and Colleges, USA)[1] was appointed as Director and supported Ohashi to lead the discussion. Dr Anderson’s expertise in tertiary education and governmental approval procedures made a significant contribution to the project. Professor Emeritus Herbert Passin, from Columbia University, also joined the project. His inexhaustible knowledge of tertiary education, and the societies of the USA and Japan propelled the promotion of the project.

WASC (Western Association of Schools and Colleges)の元米国西部大学協会専務理事であるKay Andersen博士が理事に任命され、大橋を支持し議論を主導しました。高等教育と政府の認証手続きに関するAnderson博士の専門知識は、プロジェクトに多大な貢献をもたらしました。また、コロンビア大学のHerbert Passin名誉教授も本プロジェクトに参画し、高等教育と日米の社会に関する彼の無尽蔵な知識はプロジェクト発展をさらに加速させました。

The discussion continued over a year and a half, delivering a new grand scheme for establishing a tertiary educational system with a consortium of campuses in Pacific-Rim nations, where credits would be transferrable and students could obtain a degree at any campus when all credits required for graduation were complete.

構想の議論は1年半以上も続き、卒業要件となる全ての単位を修得した学生は、単位互換によりどこのキャンパスでも学位を取得できるという、環太平洋諸国にあるキャンパスの共同体で高等教育システムを確立する新しい壮大な計画が作り上げられました。

Our tertiary institute – known for 25 years until 2015 as IPC (International Pacific College) – was established as the first campus of the scheme in 1990, the year of the 150th anniversary of the establishment of New Zealand. Criteria for this establishment as envisaged by Chairman Ohashi included:

2015年までの25年間はIPC(International Pacific College)として知られる私たちの高等教育機関は、「環太平洋大学構想」の計画における最初のキャンパスとして、ニュージーランド建国150周年となる1990年に設立されました。大橋理事長が想定した設立基準には以下のものがありました:

1. The campus must be developed in an environment where students’ lives, assets and safety would be guaranteed.

1. キャンパスは、学生の命、資産、安全が保障される環境で開発されなければならない。

2. The host country of the campus must offer globally competitive tertiary education.

2. キャンパスのホスト国は世界的に競争力のある高等教育を提供していなければならない。

3. An ideal, clean natural environment should be readily available around the campus for students to enjoy their collegiate life.

3. 学生が大学生活を楽しめる、理想的で清潔な自然環境がキャンパス周辺ですぐに利用できるべきである。

Our institute, the first campus of the grand scheme, satisfied these three requirements and has successfully supported students coming from many corners of the world with their studies. Both international students living in New Zealand, away from their home countries, and domestic students looking to create an international career. In 2000, the 10th anniversary year of IPC, the Postgraduate Programmes was launched, and the range of education greatly expanded. Today, students from some two dozen countries live and study on our campus in Palmerston North while we have cooperative links with many tertiary institutions and secondary schools throughout Asia. The quality and achievements of our global education have been highly recognized by NZQA (New Zealand Qualifications Authority), and we continuously received the highest result of “Category 1 (Highly Confident)” at the EER (External Evaluation and Review) in 2019.

壮大な計画の最初のキャンパスである本学は、これら3つの要件を満たし、母国を離れニュージーランドで学ぶ留学生だけでなく国際的なキャリアを目指すニュージーランド国内の学生も支援することに成功しています。開学10周年に当たる2000年には大学院も開設し、その教育の幅を大きく広げました。

今日、私たちはアジア中の多くの高等教育機関や中等教育機関と協力関係を築き、約24か国からの学生がパーマストンノースにある私たちのキャンパスで学んでいます。

私たちのグローバル教育の質や成果はNZQA(ニュージーランド政府教育資格審査局)により高く評価されており、2019年のEER(外部評価とレビュー)でも前回評価に引き続き最高評価である「カテゴリー1(非常に自信がある)」を受けています。

The second campus of the scheme opened in 2007 in Okayama Prefecture, Japan. The International Pacific University, whose philosophy is to combine pedagogy, teacher education and physical education, has become a leading university in Chugoku region in Japan since its establishment.

そして2007年、計画の2つ目となるキャンパスが日本の岡山県に開学しました。教育学、教員養成、体育の融合を哲学とする環太平洋大学は日本の中国地方を代表する大学になっています。

Our institution, as the first campus in the scheme, has continued to develop our educational services with postgraduate qualifications, undergraduate degree – the Bachelor of Contemporary International Studies (BCIS) with a strong emphasis on International Business as well as its other majors (International Relations, Japanese Studies, and Language (TESOL) Studies). In April 2016, the Japanese government approved IPU Japan to launch the Bachelor of Contemporary Business Management. These developments have enabled more active exchange of students and faculty between the two campuses, which was the vision stated at the outset of the grand scheme.

本学は計画の最初のキャンパスとして、大学院課程や学士課程、国際ビジネスやその他専攻の国際関係、日本研究、言語(TESOL)研究、環境研究にも重点を置いた現代国際学学士号を展開しています。2016年4月に第2のキャンパスとなるIPU Japanが現代経営学学士号を提供することが日本政府により承認されました。これらの発展により、当初計画に述べられているビジョンである、2つのキャンパス間での学生と教員のより活発な交換交流が実現しています。

Reflecting on the scheme with its proposed wide reach, an application was lodged with NZQA to change our trading name. The application was approved and we initiated the rebranding process in September 2015. Today we are known as the Institute of the Pacific United New Zealand, in short, IPU New Zealand (both names are officially registered). This name is more clearly indicative of the extent of our reach and linkages from New Zealand across the Pacific and into Asia.

本学はさらなる幅広い到達点を備えた計画を反映すべく、ニュージーランド教育資格審査局に教育機関名称変更申請を行いました。この申請は承認され、私たちは2015年9月に再ブランディングプロセスを開始しました。今日、私たちはInstitute of the Pacific United New Zealand、IPU New Zealand(どちらの名称共に正式に登録)として知られており、この名前は、ニュージーランドから太平洋を越えてアジアに至る私たちのリンクの広さをより明確に示しています。

*Note: The use of the word “University” is severely restricted in New Zealand by the Education Act 1989 (section 292 (1)).

※注:ニュージーランドでは「University」の名称は1989教育法(セクション292(1))にてニュージーランド国内、8つの国立大学以外での名称の使用が厳しく制限されています。

Preparations are under way for establishing of the third international campus as further development of the original grand scheme. As the first campus and the central hub of the scheme, IPU New Zealand will continue developing itself as a unique tertiary institute in the Pacific-Rim nations, with its strong focus on Asia.

現在、当初の壮大な計画を更に発展させるべく、第3の国際キャンパスの設立準備が進行中です。最初のキャンパスであり計画の中心的ハブとして、IPU New Zealandはアジアに重点を置いた環太平洋諸国で唯一の高等教育機関として発展し続けます。